中年ニート在宅ワーク希望ブログ

   =インターネット通販=   

https://sugihiro.jp.net/internet/0025/
HOME>インターネット通販>

柔道でよく使う
テーピング

テーピング
 


運動をしていると、つきものなのがちょっとしたケガ。

切り傷の場合、絆創膏を貼ったり消毒してガーゼを当てがってから包帯を巻いたりするが、 筋肉や関節を痛めた場合はテーピングサポーターをした方が痛みを抑えられていいです。


ですがサポーターだと体の部位ごとに買わなければいけないし、痛みが治ったら使わなくなってしまうので、 ちょっと痛めた程度ですぐ直りそうなケガだったら、テーピングを使った方がいいでしょう。


余白

 

固定タイプ

 

運動中に関節や筋肉を傷め、ちょっと動かすだけでも痛い場合は、テーピングを巻いて固め、 可動域を制限したほうが楽になります。


その場合、伸縮性のないテーピングを使った方がいいです。

大体白い色が多いです。


テープのカットは力ずくで切り取るか、ハサミを使いましょう。カッターは危ないのでやめましょう。


使う部位によって幅の違うテープを使うといいです。


太いテープの真ん中にカッターで切れ目を入れて使ってもいいと思います。

ただ、粘着力が強いので、毛むくじゃらの部分にいっぱい巻き付けると、剥がすとき痛いので注意!

テーピング1巻(幅太)



テーピング1巻(幅細)

テーピング同サイズ1箱(固定タイプ)



テーピングサイズ別セット1箱(固定タイプ)




テーピングの巻き方にもいろいろあり、自分が痛くない上に動きやすい加減で巻くなど、 試行錯誤していくのがいいと思いますが、以下にテーピングの巻き方の本も紹介しておきます。








自分は年がら年中使うから在庫を持っておきたい、または部費で買えるならば、1箱で買った方がいいと思います。

 

伸縮タイプ(キネシオロジーテープ)

 

ガチガチに固めたくなければ、可動域が確保できる伸縮性のあるタイプのテープを使うといいです。


肌色のものが多いです。


非伸縮性のテーピングに比べると、粘着力は弱いです。

特に伸縮性のテーピングは水に濡れると剥がれやすいので、入浴前にはなるべく外しましょう。

キネシオロジーテープ1箱(伸縮性タイプ)



テーピング指用(若干伸縮あり)



 

アンダーラップテープ

 

サポーターだとどうしてもガッチリ固定できない感が否めないので、テーピングをいっぱい使うケースもあると思います。

そのままいっぱい貼ると剥がすのが大変だし、毛が濃い人などプチプチプチプチ抜けて痛いでしょう(笑)


巻く範囲が多い場合は先にアンダーラップテープを巻き、その上からテーピングを巻いた方がいいです。

アンダーラップテープは(僕が使っていたのは)黄色で、それ自体に粘着力はありません。

薄いスポンジっぽい、通気性のいい構造をしています。


アンダーラップテープが一応完全に隠れるように、上からテーピングを巻いた方がいいと思います。

どうしてもテープが剥がれやすくなってしまうので。


テーピングや包帯も、コンビニ(品揃えは店による)や薬局、100円ショップ(量少な目)にも売っているので、 そこで確保してもいいでしょう。


まあ、ケガしない事が一番ですけどね!

アンダーラップテープ



 

包帯

 

湿布を貼った上から部位を固定したい場合は、テーピングやサポーターより包帯の方が便利です。

粘着力もないし、しっかり固定もされます。


包帯(非伸縮性)



しかし巻いた後は、留め具やサージカルテープなどで止めないとすぐほつれてしまうので、 しっかり止めましょう。

包帯留め具



サージカルテープ



包帯は繰り返し使えるし、ネットに入れれば洗濯機でも洗えますが、きれいに巻き戻すのが面倒かも。


伸縮タイプの包帯もあるので、状況に合わせて使い分けるといいです。

ただ伸縮タイプだと固定力は弱いので、そこはサポーターの方がいいかもです。

包帯(伸縮性)





以上、使いやすいものを使えばいいと思います。



Googleアドセンス広告



柔道着 前へ
柔道着紹介 柔道着紹介
サポーター 次へ
柔道でよく使う
サポーター
腰・腕
柔道でよく使う
サポーター
腰・腕