中年ニート在宅ワーク希望ブログ

   =3Dポリゴン=   

https://sugihiro.jp.net/3d/0011/
HOME>3Dポリゴン>

初めてポリゴン
制作してみた
その3

前回の続きです。

Blender顔作成

【初めてポリゴン制作してみた=その2】
すぎひろです。前回の続きです。3Dポリゴンは、三角形ないし四角形の「面」を立体的につなぎ合わせて作っていきます。…
【初めてポリゴン制作してみた=その2】



今回で一応一通り頭部の作成までしました。


…ていうか、そこまでしか進んでいません。

すいません!(汗)


一応上半身の胴体部分も手を掛けてはいるのですが、まだ紹介できる状態にないので。

余白

 

目の中側と眼球作成

blender
 

(「Blender」編集画面より)


目玉を作ります。普通に面張りして目玉を入れてもいいのですが、後々動かしたいので 別に眼球(黒目)を作ります。

(ここでも、わにこさんのテクニック を使わせてもらいました。)



左のメニューの
「作成→メッシュ追加→プリミティブ:円錐(えんすい)」
を押すと新しいポリゴンができるので、目のサイズに縮小し、角度を調整します。

blender

(「Blender」編集画面より)

blender

(「Blender」編集画面より)



黒目を頭部の目の中に入れ、しっくりする大きさに調整します。

blender

(「Blender」編集画面より)


このままだと黒目が不自然に浮いて見えるので、目の中側も面張りしていきます。

一旦黒目を外に出して作成していきます。

blender

(「Blender」編集画面より)



これが「白目」になります。

実際は頭部の中に黒目が浮いているだけですが、それっぽく見えます。

blender

(「Blender」編集画面より)


瞼(まぶた)の形によっては、目の内部の面張りは難しいかもしれません。

僕もここは苦労しました。面がねじれまくって全然きれいな形にならないので!

(ここだけで何時間かかったことやら…。)



再び黒目を戻し、目玉内部の壁に黒目が食い込んでないかチェックし、どちらかまたは双方の大きさや形を 調整します。

(下図は目玉が食い込んだケース。)

blender

(「Blender」編集画面より)


これで一応完成ですが、わにこさんのテクニックでは、ポリゴンが
「どの方向から見ても目線がこっちを向くようになっている」
ので(スゴい!)、そうなるように僕も挑戦してみました。


blender

(「Blender」編集画面より)

blender

(「Blender」編集画面より)

blender

(「Blender」編集画面より)




やや後方から見た時、黒目の裏側が見えたりなど、違和感が出ないように調整するのが難しかったです。


目次に戻る

 

首作成

blender
 

(「Blender」編集画面より)


首を作ります。左メニューの

「作成→メッシュ追加→プリミティブ:円柱」

または、

「Shift+Aキー→メッシュ:円柱」
で図形を追加します。

blender

(「Blender」編集画面より)


三面図を参考に、大きさと角度・座標を調整します。

blender

(「Blender」編集画面より)


頭部に突き刺し、隙間がないか、位置に違和感が無いか、四方から眺めて微修正します。

blender

(「Blender」編集画面より)

(上:後頭部の後ろが開いている)

(下:少し首を拡大して修正)


blender

(「Blender」編集画面より)



喉仏(のどぼとけ)だけは多少形をいじります。

blender

(「Blender」編集画面より)


こんなもんで終了です。


目次に戻る





 

耳作成

blender
 

(「Blender」編集画面より)


耳です。ここは少々こだわって作ってみました。

(耳だけポリゴン数多い~!!)


別に、僕は耳フェチというわけではありませんので。


今作っているキャラクターだと、耳がほとんど髪で隠れてしまいますが、コピペすれば別のキャラにも 使い回せると思ったので、凝ってみました。


ますは、左メニューの

「作成→メッシュ追加→プリミティブ:立方体」

または、

「Shift+Aキー→メッシュ:立方体」
で図形を追加します。

blender

(「Blender」編集画面より)



次に平べったい板状にします。

「面選択」をして幅を狭め、

「拡大縮小」で(頭部と比較して)丁度良さげなサイズに調整します。

blender

(「Blender」編集画面より)



「Zキー」を押して立方体をスケルトン(骨組み)表示にすると、範囲円または「Aキー」での全選択がしやすくなります。

blender

(「Blender」編集画面より)



左メニュー「ツール→追加:細分化」

で面を増やします。

blender

(「Blender」編集画面より)



そして、耳たぶ、耳の穴部分等、形を整えていきます。

blender

(「Blender」編集画面より)

blender

(「Blender」編集画面より)

blender

(「Blender」編集画面より)



最終的に、頭部に接合します。

ここがまた苦労したところで、頭部のくぼみと耳の接合部がうまくかみ合わず、 微調整を繰り返し、しっくりさせるのに手こずりました。

blender

(「Blender」編集画面より)



また、耳の向きの調整も難しかったです。


「前から見て、ちゃんと見えるか」

「横から見て、やたら斜めっていないか」

「後ろから見て、耳の裏側が見えているか」

「接合部に隙間は無いか、見えるはずの所が頭部に埋没していないか」


などなど。



耳は複雑な形をしているので、簡単なイラストを描いてイメージ付けたほうがいいと思います。





見切り発車で始めると、途中で訳わからなくなります。


目次に戻る

 

眉毛作成

blender
 

(「Blender」編集画面より)


眉毛もパターンは耳と同じです。


好みの形の眉毛を作り、目の上のサイズに合わせます。

面を接合して立体的に作ってもいいですし、図形を追加して加工してもいいです。

ただ部位的に小さいので、最小限のポリゴンで十分だと思います。


僕の場合は、三角柱と三角錐をいくつかくっつけた形にしました。


そして、やはり難しいのが目の上に接合する時です。

耳以上に浮いた感じになってしまうので、根気よく微調整しました。


目次に戻る

 

髪の毛作成(未完成)

blender
 

(「Blender」編集画面より)


そして、やっと髪の毛の作成です。


『Blender』では作成方法が色々あるのですが、まだ僕は全然試していないので、とりあえずやってみた やり方を説明します。


本当はひと塊ずつ髪の型を作り、コピペして頭部全体に張り付けていくやり方をしてみたいです。


「ボーン」という、ポリゴンを動かすための骨組みを関節や髪の1つ1つに設定できる機能があるのですが、 頭髪をひと塊で作ってしまうと、髪が風になびくような表現が難しいと思うので。

それはまだこれからという事で。



まず、「Shift+Aキー」UV球(球体)を追加し、大きさを三面図の頭髪サイズに合わせます。

blender

(「Blender」編集画面より)


いらない面を削除し、髪の先をギザギザに調整していきます。

頂点を接合して四角面を三角面にするなどします。

髪にボリュームを持たせるため、辺を順に山折り谷折りのように調整していきます。

blender

(「Blender」編集画面より)

blender

(「Blender」編集画面より)



頭部に突き刺さっている部分を調整します。

blender

(「Blender」編集画面より)

blender

(「Blender」編集画面より)



取り敢えずここまでしかやっていません。

まだまだ創意工夫が必要です。



頭髪が完成したら、この記事をリライトします。


目次に戻る

 

今の進捗状況

blender
 

(「Blender」編集画面より)


GW以降、(今回の記事で一部作り直した以外では)全くいじっていない状態なので、ブログ記事を更新する ためにももう一度作り込んでいきたいです。


ただ、いざ始めると楽しくて熱中し過ぎてしまうので、くたびれて仕事に影響出ちゃうと怖いんですよね。



次回以降は、上半身・腰・腕・脚・掌・足&服&彩色と、進んでいきたいと思います。


目次に戻る



Googleアドセンス広告



Blender顔作成 前へ
初めてポリゴン
制作してみた
その2
初めてポリゴン
制作してみた
その2
首里城 次へ
首里城火災
1日も早い復興
を願います
首里城火災
1日も早い復興
を願います